債務整理

大宮で借金にお困りの方へ|債務整理は弁護士へ相談を

借金の返済が行き詰ったとき、その状況が単に一時的なものにとどまらず、将来的にも続くことが予想されるのであれば、借金を整理することは経済的に再スタートするためにとても効果的な手段です。

法律的に借金を整理することを「債務整理」と言い、手続きが認められると借金を減額または免除してもらうことができるのです。

債務整理にはいくつか種類があるので、自分に適した制度を選ぶ必要があります。
また、債務整理の種類によっては所定の裁判所へ申立てを行なう等複雑な手続を経ることが必要ですので、弁護士など専門家のアドバイスや支援が必要になる場合があります。

ここでは、大宮で借金の返済に困っている方に向け、債務整理の種類や、大宮の裁判所の情報などを説明していきます。

1.債務整理の種類

債務整理には、主に「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つの方法があります。

それぞれどのような特徴をもっているのでしょうか?またどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

(1) 任意整理

任意整理は、将来利息をカットし、元金及び遅延損害金等の残債を原則3年以内、最長でも5年以内に完済する方法です。これによって「返済しても利息の支払いにばかり回ってしまい、元金が減らない」という状況から脱することができます。

任意整理は裁判所を介する手続きではありませんので、債権者との間で和解が成立すれば借金の減額をしてもらえます。
また、財産の没収などもありませんので、これまで通り変わらない生活をすることができるでしょう。

現在、債務整理の中で最も多く利用されているのはこの任意整理で、手続きも迅速なので利用しやすい制度です。

しかし、他の制度に比べて「元金が減ることはない」という意味で借金の減額幅が小さいので、多額の借金を抱えている人には不向きな制度です。
任意整理は借金額が多額ではないものの支払い不能の状態で、利息の返済がなくなれば返済の目途が立つ人に適した制度です。

(2) 個人再生

個人再生は借金額を大幅に圧縮できる制度です。
個人再生では法律で「最低弁済基準額」が設けられており、負債額に応じて減額幅が決められていますが、個人再生が認可されるとおよそ1/5程度まで借金を圧縮できるので、その後の返済は随分楽になります。

個人再生を認可されたあとは、減額後の借金を原則3年、最大でも5年のうちに返済をします。

個人再生が認められるのは住宅ローンを除いた借金額が5,000万円以下の場合で、負債額がそれ以上の場合は適用外となります。

個人再生の最大のメリットは住宅を維持できる点です。個人再生には住宅資金特別条項いわゆる「住宅ローン特則」というものがあり、これが適用されれば住宅ローン付きの住宅を維持することが可能です。

ただし、住宅ローンは圧縮されませんので、個人再生後も住宅ローンはこれまで通り返済していく必要があります。

また、個人再生は裁判所を介さなければならないので、任意整理に比べると手続きは複雑で時間がかかります

個人再生は債務整理の中でも手続が複雑なケースが多いので、専門知識がないと途中で失敗する恐れがあります。そうならないように、弁護士に依頼をするのが得策です。

(3) 自己破産

自己破産は借金を全額免除する制度です。自己破産が認められれば以後借金を返済する必要はありません。

自己破産の最大のメリットは、借金が全額免除されることです。
借金額に関わらず、支払い不能の状態であれば申立をすることは可能です。

しかし、自己破産をすると、時価評価額で20万円以上の資産価値のある財産は没収対象となります。住宅(持ち家)や車、貴金属、保険解約返戻金、一定額以上の現金などがその対象となります。

また、生命保険募集人、宅地建物取引士、警備員など一部の職業では資格制限があり、自己破産手続き中の一定期間はその仕事に就くことができなくなります。

自己破産認可後は仕事を再開することはできますが、短い期間でも休業をすれば営業に支障がでる恐れはあるでしょう。

2.さいたま市大宮区で裁判所に債務整理を申立てる費用

債務整理のうち、個人再生と自己破産については裁判所に申し立てを行なう必要があります。
埼玉県さいたま市大宮区を管轄しているのは「さいたま地方裁判所」です。

同裁判所に納める費用は手数料、郵券、官報公告費用等を含め、債権者の数等によって変動するものの、おそらく数万円程度です。

もっとも、弁護士に手続きを依頼する場合は、上記の他に弁護士費用が必要となります。

この点、手続きを自身で行えば確かに弁護士への報酬は発生しませんが、破産管財事件の場合には予納金が安くなる「少額管財」を利用することができませんし、そもそもの問題として、上記のように、「手続の選択の誤り」「申立てはしたが開始決定が出なかった」「開始決定は出たが、再生委員や管財人との対応に苦慮した」等のリスクがあります。

つまり、費用対効果の観点からは、ご自身で債務整理の方法の選択、資料の収集、裁判所への申立て、その後の対応等の労力を勘案すれば、結局、ご自身でこれら全てを行うことが得策であるとは必ずしも言えないケースの方が多いと思います。

3.債務整理は弁護士にお任せすることがおすすめ

債務整理は手続きも複雑で、自力でやるのは相当の困難が伴います。書類に不備があれば途中で失敗に終わる可能性があります。

そうならないためには、弁護士にお任せするのがベストです。

泉総合法律事務所には債務整理の経験豊富な弁護士が多数在籍しています。また、借金のご相談については無料、弁護士費用も分割払いに対応していますので、費用がご心配で一歩踏み出せない方はどうぞ当事務所に御相談下さい。

お一人おひとりの立場に立って、事情を丁寧にお伺いし、悩みに向き合いながらベストの解決方法を提案させて頂きます。

さいたま市、埼玉北部地域、埼京線・高崎線・宇都宮線・京浜東北線沿線にお住いの方、お勤めの方はぜひ泉綜合法律事務所大宮支店にお気軽にご相談ください。

無料相談受付中! Tel: 0120-701-271 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-701-271
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ