支店長弁護士インタビュー

大宮支店長 埼玉弁護士会岩佐 一基弁護士

泉総合法律事務所 大宮支店長、岩佐一基(いわさかずき)弁護士のインタビューです。ご相談いただくにあたり、心がけていることなどをインタビューしました。

バリアフリーで「ゆとり」がある、来所しやすい事務所です

――― まずは、大宮支店についてお聞かせください。大宮支店の事務所周辺の街の雰囲気や印象、駅からの道のりや、道の分かりやすさなど、来所しやすさにつながっている特徴をご紹介ください。

当事務所がある大宮は埼玉で最大の商業地域であり非常に活気のある町です。
北の玄関口であることから、大宮駅では東北・信越地方の物産展が常時開催されていますし、各地域の人気スイーツ店の出店もあり、大宮駅周辺だけでいろいろな食文化に触れられるのが魅力です。
氷川神社や大宮公園、鉄道博物館など歴史や自然に触れることのできる場所も多くあることから、老若男女様々な人が楽しめる場所になっています。

当事務所は、駅からの距離も徒歩3分程と、アクセスしやすい立地です。
東北・信越地方から東京への玄関口に位置していることもあり、東京埼玉県内の方はもとより、栃木県・群馬県にお住まいの方など多くのお客様に当事務所をご利用いただいております。

 

――― 事務所の相談室の特徴をご紹介ください。また、ご相談者様のプライバシー配慮、相談しやすい雰囲気のために工夫していることがあればご紹介ください。

エレベータを6階で降りていただき、右手にあるドアが当事務所の入り口です。

相談室が二部屋ありますが、相談室や執務室の間はしっかりと区切られており、お客様のプライバシーはきちんと確保されております。
安心してご相談ください。

また、エレベータから相談室までは、バリアフリーとなっており、相談室の間取りもゆとりがあります。
ご高齢の方、車いすや松葉杖の方でも安心して御来所いただけると思います。

 

相談される方が主役!弁護士は脇役に過ぎない

――― 岩佐先生のご相談者様への対応についてお聞かせください。レスポンスを早めるために心がけていることや、フットワークの軽さ、ご相談者様と同じ目線で法律相談をするために心がけていることなどをご紹介ください。

「依頼者の不安を解消する」ことは、弁護士の重要な役割です。ご不安の解消のためには、できるだけ素早い対応が必要と考えています。

そこで、事務所に待機している場合はもとより、裁判所等で事務所外にいる場合であっても、常にパラリーガルとの連携を確保した体制で、1~3時間以内のレスポンスを心がけています。

法律相談の際に意識しているのは、「弁護士は脇役」ということです。
ご相談では、様々な案件につき、お話を伺います。様々な悩みを抱えられた方達に対し、「法律の専門家」としてサポートするのが弁護士という仕事です。

ただ、ここで大事なことは、法律相談の主役は相談に来られた方々だと言うことです。我々弁護士は脇役に過ぎません。
法律相談の際、主役を置き去りにし、難しい専門用語を並べる説明をしていたら、それは脇役の自己満足に過ぎません。

まずは相談に来られた方の話に耳を傾け、相談に来られた方々の立場にたったうえで、なるべく専門用語は使わずに、わかりやすく丁寧な説明をする。
このように、日々心がけています。

 

――― 法律相談で、ご相談者様と接する際、先生が大切にしていることや、事件解決にどのように取り組んでいきたいかの意気込みをご紹介ください。

弁護士も経験を重ねるとある程度の相場感のようなものが身についてきます。
それはそれで大切なスキルの一つなのですが、反面、相談に来られた方々の個々の事情を無視したパターン思考に陥る危険もあります。
そのため、経験を積み重ねてノウハウを蓄積すると同時に、「初心を忘れない」ことが大事だと考えています。

一人一人の悩みに耳を傾け、決してそれらの悩みを型にはめる様な事をせず、一つ一つ真摯に向き合い、より良い問題の解決策をご提案できるよう努力していきます。

こうした心構えを実務に反映する上で私が意識しているのは、「ご相談者様からお話いただく」ということです。

専門家からの法律論などはさておき、まずはご相談者様から、ご相談者様なりの表現で、「どのような悩みを抱えているのか」「どのような形で解決をしたいのか」を、丁寧にお聞きするようにしています。
ここでは、脇役は「聴き役」に徹します。

ただここで、弁護士が難しい顔をして、「さあお話してください」と言っても、なかなか簡単にはお話しづらいものがあります。
まだまだ弁護士には堅いイメージをもっていらっしゃる方も多いですし、その場の雰囲気も重要です。

できる限り話しやすい雰囲気つくり、相談に来られた方々から率直な意見を伺えるよう、心がけています。

 

――― 先生にとって、事件解決に取り組む際のモチベーションや、事件解決にどのように取り組んでいきたいかの意気込みなどをご紹介ください。

相談に来られる方々は、皆、不安そうな顔をして事務所にいらっしゃいます。
そうした不安を取り除きたいという気持ち。そして事件が解決した際の、「ほっ」とした安堵(あんど)の表情。

それが、私のモチベーションになっております。

今後も、一人でも多くの方の不安を取り除き、安心して日常に戻っていただけるよう、一つ一つの案件に日々尽力して参りたいと考えています。

 

――― 法律相談における早期相談の重要性について、痛感したエピソードがあれば、ご紹介ください。

不倫慰謝料の支払いについて、相手方と公正証書を作成した後で来所された方がいらっしゃいました。

詳しく話を聞くと、慰謝料の金額は一般的な額よりかなり高額だったのですが、相談に来られた方は、金額が高いとは思わずに書面を作ったそうです。

ご自分で事件を解決したいという気持ちも分からなくもないのですが、もう少し早く相談に来ていただけていれば、大幅に慰謝料の額を減額できたと残念に思ったことがあります。

不貞事件以外でも、法律問題について弁護士に早く相談して損をするということはありません。

一刻も早く弁護士に相談することをお勧めします。

 

――― 最後に、お聞きします。岩佐先生は弁護士として、ご相談者様に何を提案又は提供したいとお考えですか。

法的にある問題を解決しようとしたとき、その問題の解決方法は一つではなく複数の方法があることが多いです。
全ての面で完璧な選択肢があればよいのですが、実際には、選択肢のそれぞれにメリット・デメリットがあります。

そこで、複数ある選択肢のメリットやデメリットについて丁寧に説明し、それぞれの方にとって何がベストの解決方法なのかご提案させていただき、ご納得を得たうえで、最良の結果を得られるよう全力で努力しています。

また、問題が発生したときに、法的には解決できたとしても、依頼者のお気持ちの部分では解決していないということもありえます。
問題解決の最終目標が何であるかを依頼者と弁護士で共有していない場合、特にこういった問題が生じます。

重要なのは常に依頼者と弁護士がコミュニケーションをとり、問題意識を共有することです。

誰かに悩みを話すという行為だけで気持ちが楽になるという方も多いですし、弁護士とのコミュニケーションの中で気持ちの整理がついたと言われる方も多くいらっしゃいます。

弁護士として、法的解決を目指すのは当然としても、法的解決のみに固執せず、依頼者とのコミュニケーションを通じて依頼者のお気持ちもフォローしていきたいと思います。

 

――― インタビューは以上です。岩佐先生、ありがとうございました。

ありがとうございました。

 

無料相談受付中! Tel: 0120-701-271 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-701-271
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ